SILO

表と裏。消費者に向けた
「コンセプト」生産者(自分達)に
向けた「コンセプト」

「コンセプト」が共存するブランド。

「自分の色に染める洋服」
そのコンセプトを象徴する、
白タグに記載されるのは
ブランド名ではなく、
洋服と共に経験や挑戦を積み重ねる
購入者自身の名前が刻まれることが
相応しいという考え、
そして、何色にも染めることのできる
白を着続けるなかで、
自身の色に染めていって欲しいという
「願い」が込められている。

裏コンセプト「自己中心的な仕事を」
ブランド名とは別に”silo”(サイロ)
とは「貯蔵倉庫」のことで、窓がなく
周囲が見えないという意味があり、
外の様子を気にせず、自己中心的に
仕事をする様子を指します。

そのコンセプト通り、他の存在を
意識することなくただ自分たちの
好きなファッションと見つめ合い、
着たい服を作り続けるという「
意思表示」ブランドとしての二面性。

そのどちらにも作り手としての
「決意」が垣間見える、
デザイナーチームが魅せる珠玉の洋服。