Robse&Confections

デザイナーの土屋郷氏が
2016年SSよりスタート。
ブランド名は、ヨーロッパに
初めて既製服が登場したころの
既製服メーカーの呼び名が由来。

当時、いわゆるできあいの服・
つるし服といった下級層の人たちが
着る質の悪い物を指していたが、

現代の日常着は、
こういった労働者の服が原型。

メーカーは、あらゆる知恵を絞り
服の機能・完成度を高めた結果、
それが現代服を支えている。

カッティング・仕立て方において、
クラシックをしっかり踏まえたうえで
現代服を追及。

デザインではなく、”本来労働のための
機能服であるジャケットについて、
今何ができるのか?”といった発想から
新しい気分の日常着を提案している。