RAINMAKER

デザイナーの渡部宏一氏が2013年AWよりスタート。

ブランド名には”雨降らし”という意味があり、デザイナー自身が雨男であることに加え、

心理学者のユングの説話「雨降らしの男」に由来があるそう。

コンセプトは”革命ではなく進化”。

テーラリングを主にしたクラシックスタイルに、

カルチャーやモードなどを加味したリアルなスタイルを提案しています。

『レインメーカー』が京都を拠点にしている理由の1つは、落ち着いて環境でマイペースにモノ作りが行えるから。

加えて、京都が染めや織りといった昔ながらの日本の伝統技術が集まった土地であることも影響していて、

実際にコレクションにも和のエッセンスが積極的に取り入れられています。