Edwina Horl

Edwina Horl

オーストリアのザルツブルグ生まれの

デザイナー。

エドウィナ・ホールが設立した
ファッションブランド「エドウィナ ホール(Edwina Horl)」。
エドウィナ・ホール自身は1991年から1993年ヨウジヤマモトのアシスタントを務める。
1996年ウィーンで自身のブランド
「エドウィナ ホール」を開始。

2000年、東京に本拠地を移し
コレクションの発表を続ける。

エドウィナの考えるファッションは「適用性」。そのイメージは、単なる服の形から生まれるものではなく、
服を着た時につくられる立体感や
着る人の体つきから現れる
アイデンティティからなる
コレクション制作にあたり、
彼女とは異なる要素のものを独自に
繋ぎ合わせる。

あらゆる思考と多くの表現をもつ
様々な素材が混ざりながら
エドウィナの服は完成していく。