自己紹介

初めまして、signにご来店頂いた方はご存知の方もおられると思いますが、スタッフの西田です。
今回、初めてブログを書かせて頂きます。
まずは自己紹介から、
名前は西田 新大(ニシダ アラタ)と言います。ほとんど方からは「アラタ」と呼んで頂いています。
そして一部の方からは吉本興業で芸人をされているかまいたちの濱家隆一さんに似ている事から「ハマイエ」と呼ばれています。笑
今年22歳で、大阪の大学に通いながら現在はアルバイトとしてsignで働かせて頂いています。
最近よくお客様に、「どういう経緯で働く事になったんですか?」と質問頂く事が多いので、こちらに書かせてもらいます。
元々はお客さんとして、ケントさんが以前働かれていたお店に大学一回生の頃から通わせて頂いていました。
洋服には勿論興味はありましたが、洋服を購入する目的以外でお店に足を運ぶようになったのはそれが初めてだったなと今振り返ると思います。
元々は良くも悪くも自分の好みだけで、洋服を購入していました。
ですが、ケントさんと何度かお話しさせて頂いている内に、この人なら信用出来る。そう思いお勧めして頂いた洋服を素直に購入。
「この人から洋服を買いたい」はじめは単純にそういう感覚だったように思います。
ですが、それが逆に僕の洋服の幅を広げてくれました。
今まで抵抗のあったサイズ感。
今まで苦手意識のあった色物の洋服。
今までは出来なかったスタイリング。
自分の感覚だけでは絶対に選べない洋服も勧めて頂き、僕の事を知って頂いているからこその提案が凄く嬉しかったです。
購入した当時だけでなく、今も大切に着させて頂いています。
signの店頭に置いていない洋服を着ている際はその名残だと思って頂いて間違いないかと…笑

そして、いつからか洋服に対して持たれている感覚や姿勢、人柄に惹かれ、ケントさんからしか洋服を買わないようになっていました。
プライベートな時間にもご一緒させて頂く機会が増えたのも凄く嬉しかったです。
3回生の春頃、就職活動も目前に迫り洋服に携わる仕事に就きたいと真剣に考えるように。
しかし、早い時期から繊維商社やアパレルのインターンシップには参加してみたものの、「何か違う」という違和感もありました。
就活の相談にも乗って頂いていたり、この頃から本当にお世話になっていました。30歳までに自分のお店を出すという目標もこの頃にお聞きしました。
個人的にも楽しみだなという思いしか最初はありませんでしたが、
普段とは違う顔つきで話されている姿を見ている内に、「この人と一緒に働いてみたい」「この人についていきたい」という気持ちに変わっていきました。
その思いをモーニングに連れて行って頂いた際に伝えさせてもらうと、「厳しい世界だからやめておいた方がいい」というような感じで上手くはぐらかされたのを覚えています。笑
ですが、「この人についていきたい」という感情になったのは初めてで、
次の日からありとあらゆるアプローチを試していきました。
給料いらないので、働かせて下さいとお願いした事もありました。笑
そのような経緯もあって、現在、signで働かせて頂いています。

最近周りからは「そんな頑張れるんやな」と言われる事が多いです。
決して褒め言葉ではなく、普段色々な事で周りの力を借りて楽をしているので、単なる皮肉も混じっているかと。笑
楽しいが強すぎて、頑張ってる感覚は本当にないのですが、、、
ここまで何かに没頭した事は今までなかったなと自分でも思います。
何に対しても、ある程度。目指せ60点。それくらいの感覚でゆるく生きてきたからです。
今は心から100点を出したいと健闘していますが、中々それが出来ない現状。ケントさんにはいつもご迷惑をおかけしています。

春休みが終われば、4回生。周りには就職活動を頑張っている友人が沢山います。
そんな姿を見て「頑張らないといけないな」と背中を押してもらっている状態です。
僕自身は就職活動を辞め、signに就職する為に日々勉強させて頂いています。
ケントさんは勿論洋服を通して出会った方々に見守って頂き、時には励ましの言葉を頂いたり「恵まれた環境」に置いてもらっていると今日も感じました。
こんな真面目な文章を書かせて頂いていますが、ご来店の際にはまずいじってもらって構いません!笑
ケントさんと話す前の緊張をほぐす役割にはなれると思うので。(誰が箸休めや)
長くなってしまいましたが、signというお店を通じて、沢山の方とお会いする機会が増え本当に幸せです。
基本的に毎日店頭に立たせて頂いているので、ぜひお話しさせて下さい。
明日も13時よりsignにてお待ちしております。

太陽が出れば出掛けるサイン。